脳を刺激して集中力や記憶力、思考力をアップさせて自律神経をも調節するテオブロミン効果「カカオ」☆効能と食べ方

女性に人気のスーパーフード
カカオ パウダー
カカオ

TOP < カカオ

カカオ(ココア)
主な効能:《がん予防》《悪玉コレステロール抑制》《ストレス解消》《自律神経を調節》《血行促進》《アンチエイジング》《ダイエット効果》《糖尿病の予防》《高血圧の抑制》《脳梗塞・心筋梗塞の予防》《動脈硬化の抑制》《認知症予防》《利尿作用》《更年期障害の予防》



王侯貴族に愛された香り


ココアやチョコレートの原料としても知られている「カカオ」。古代アステカ帝国時代、カカオ豆は高価かつ気高い貴重品として扱われ、カカオドリンクを飲むことが究極のステイタスシンボルとみなされていました。
メキシコや中南米ではエネルギッシュで健やかな秘訣として親しまれてきたカカオは、現在も抗酸化作用の高い食品として知られています。
学名は「テオブロマ カカオ」。テオブロマとはメキシコ、アステカ族の神話に由来し、「神様の食べもの」という意味だそう。かつては貴重な食べもので、王族や貴族、お金持ちしか口にすることができませんでした。
※カカオとココアの違いとは、加工されているかいないかの違いであり、植物名の名称が「カカオ」で、食品名の名称が「ココア」です。またカカオの種子がココアやチョコレートの原料となり、それが製造加工されて世に出まわります。

  • ココロもカラダもエイジングケア

    ココロもカラダもエイジングケア


    鉄分やカルシウム、マグネシウムなどの必須ミネラルやビタミン類、葉酸、食物繊維、ポリフェノールなどの抗酸化物質を含んでいます。
    カカオに含まれているカカオポリフェノールは、抗酸化作用が強く、心臓病リスク軽減や動脈硬化の予防、脂肪の蓄積抑制の効果などがあげられ、更年期障害の治療にも有効とされています。

    天然の成分としてはカカオに多く含まれ、苦味成分でもあるポリフェノールの一種のテオブロミンという特有成分が血行を促進させ、脳を刺激して集中力記憶力思考力をアップさせ、同時に自律神経を調節する働きもあるので、緊張を和らげてリラックスさせてくれますので、ストレス解消にもおすすめで、さらに利尿作用にも効果的です。
    また、チョコレートには脂質を含むため摂りすぎると良くないですが、カカオポリフェノール効果により代謝が良くなるため、特にカカオ含有量が70%以上のものであれば、ダイエット効果も期待できるでしょう。

  • カカオの食べ方


    《 カカオパウダー・カカオニブスの手軽なお召し上がり方 》
    ★カカオパウダー:お好みのスムージーやシェイク、デザートにブレンドするのがおすすめです。ブラウニーやケーキ、クッキーなどの焼き菓子の材料としても。
    ★カカオニブス:シリアルやグラノラ、アイスクリームにまぶしたり、チョコチップとして焼き菓子やローフードに加えてお使いいただけます。

    《 カカオ豆乳プリン 》
    ●材料 ◎豆乳・・・400cc ◎ラカント・・・大さじ2 ◎粉ゼラチン・・・5g ◎カカオパウダー・・・小さじ2

    《 甘くない!カカオゼリー 》
    ●材料(6個分)◎ゼラチンパウダー・・・大さじ2強 ◎スキムミルク・・・大さじ6 ◎水・・・400ml ◎カカオパウダー・・・大さじ6 ◎上白糖・・・小さじ1 ◎コンデンスミルク脂肪0・・・大さじ2

    おすすめの食べ方
  • ココロもカラダもエイジングケア


    鉄分やカルシウム、マグネシウムなどの必須ミネラルやビタミン類、葉酸、食物繊維、ポリフェノールなどの抗酸化物質を含んでいます。
    カカオに含まれているカカオポリフェノールは、抗酸化作用が強く、心臓病リスク軽減や動脈硬化の予防、脂肪の蓄積抑制の効果などがあげられ、更年期障害の治療にも有効とされています。

    天然の成分としてはカカオに多く含まれ、苦味成分でもあるポリフェノールの一種のテオブロミンという特有成分が血行を促進させ、脳を刺激して集中力記憶力思考力をアップさせ、同時に自律神経を調節する働きもあるので、緊張を和らげてリラックスさせてくれますので、ストレス解消にもおすすめで、さらに利尿作用にも効果的です。
    また、チョコレートには脂質を含むため摂りすぎると良くないですが、カカオポリフェノール効果により代謝が良くなるため、特にカカオ含有量が70%以上のものであれば、ダイエット効果も期待できるでしょう。

  • カカオの食べ方


    《 カカオパウダー・カカオニブスの手軽なお召し上がり方 》
    ★カカオパウダー:お好みのスムージーやシェイク、デザートにブレンドするのがおすすめです。ブラウニーやケーキ、クッキーなどの焼き菓子の材料としても。
    ★カカオニブス:シリアルやグラノラ、アイスクリームにまぶしたり、チョコチップとして焼き菓子やローフードに加えてお使いいただけます。

    ★糖質オフの優しいおやつ、カカオ豆乳プリン
    《 カカオ豆乳プリン 》
    ●材料
    ◎豆乳・・・400cc
    ◎ラカント・・・大さじ2
    ◎粉ゼラチン・・・5g
    ◎カカオパウダー・・・小さじ2

    ★皮膚の再生に必要な亜鉛や炎症を抑制するポリフェノールが含まれるカカオゼリー
    《 甘くない!カカオゼリー 》
    ●材料(6個分)
    ◎ゼラチンパウダー・・・大さじ2強
    ◎スキムミルク・・・大さじ6
    ◎水・・・400ml
    ◎カカオパウダー・・・大さじ6
    ◎上白糖・・・小さじ1
    ◎コンデンスミルク脂肪0・・・大さじ2