ダイエット効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
ダイエット
朝ごはんダイエット

効能TOP < ダイエット

ダイエットの効果
必要な栄養素と減量:《ビタミンB群》《ポリフェノール》《食物繊維》《マグネシウム》《マンガン》《銅》《ミネラル》《亜鉛》《脂質を減らす》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
肥満はさまざまな生活習慣病を招く元です。肥満になる原因として多いのが、夕食の過食お酒を飲む量や飲む回数、また間食として適量を超えたお菓子を食べるのも肥満の原因となってしまいます。夕食時に摂った糖質は、エネルギーとして消費されなく、その余ってしまった糖質は体内で脂肪へと変換されてしまいます。特に夜の時間帯は、昼間の時間帯よりも脂肪合成が進みやすいので注意が必要です。

【糖質と脂質の摂取のしかたと正しい食べ方】
肥満を予防や解消をするためには、エネルギー源となる糖質脂質の摂取量を減らすことが最大の課題となります。糖質や脂質の量の多いと思われる食べものでもひと工夫すれば同じ食べものでも摂取量を減らすことができます。
例えば、肉を食べるときに低脂肪の部位を選んだり、油を使う調理であれば油の量を減らすことで摂取量減も可能となるからです。また違う例を挙げれば、全体的な食事の中で、①肉よりも魚の量を増やす ②低カロリーな野菜や海藻を多くとり入れる ③糖質を減らす などです。
③の糖質について言えば、糖質のうち、砂糖や果糖のとりすぎは肥満の原因となりますので、適量を守りつつ穀類を中心とした摂取をこころがけましょう。その糖質の吸収をできるだけ軽減するために、一食の食事を口にする順番も大事になってきます。
①野菜類 ②肉や魚 ③ご飯 というようにすれば糖質の吸収が遅くなるため、血糖値の上昇を軽減でき、さらに言えば、よく噛んでゆっくり食べることをおすすめします。このやり方だけでもダイエット成功へつながるでしょう。

【必要な栄養素を含んだ食べ物で予防・改善】
主な有効成分としては、ビタミンB群ミネラルです。それらが、共通して体内で栄養素の代謝を促進させるための補酵素としての働きをします。
ビタミンB群/ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パトテン酸、ビオチン(豚肉、鶏肉、ウナギ、マグロ、カツオ、サンマ、カキ、玄米など)。
ミネラル/マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛など(そば、アーモンド、昆布、栗、パイナップル、玄米、牛肉、豚肉、カキ、ホタルイカ、シャコなど)
糖質の少ない食品の一例としては、大豆類、キノコ類、肉類、魚介類、海藻類、卵、チーズ、野菜類などが挙げられます。これらの食品摂取をこころがけつつ、摂取順序を守ればダイエット効果が大いに期待できます。
補足:ダイエットをするためには、食事療法も大事ですが運動も欠かせません。効果的なのはウォーキングで、できれば1日1万歩を歩くよう努力しましょう。

肥満解消や、ダイエットをするための効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「ダイエット効果」に関して含まれた栄養素の数を表しています。