動脈硬化の予防(血行促進)効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
動脈硬化 食事
動脈硬化 原因

効能TOP < 動脈硬化

動脈硬化の予防(血行促進)
必要な栄養素:《食物繊維》《ポリフェノール》《ビタミンA=β-カロテン》《マグネシウム》《EPA》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
動脈硬化になり放置したままでいると、脳梗塞心筋梗塞狭心症心疾患などの病気を引き起こすことになりか兼ねません。その原因として、脂質異常症や高血圧、喫煙、ストレスによるものなどが挙げられます。
動脈とは、酸素や栄養素を血液の中に入れ込み、カラダ中全身に運んでくれる作用の役割を果たしてくれるものですが、これが進行してしまうと、動脈内に分厚い壁ができ、弾力性や柔軟性を失い不十分な機能となってしまい、血管の内膜にコレステロールやカルシウムが溜まることで血管が狭くなり、血液の流れを悪くしてしまうのです。

【必要な栄養素を含んだ食べ物で予防・改善】
動脈硬化を予防するには、高血圧を抑制し、中性脂肪値血中コレステロール値を下げる努力が必要となってきます。それらの総称としての3大危険因子である脂質異常症高血圧。まずこれらを抑えるためには、脂質を多く含んでいる肉を減らして魚を増やすようにし、野菜や果物、海藻類、豆類、イモ類などを摂る必要があります。なぜなら、これらに多く含む抗酸化作用の強いフィトケミカルという成分があるからです。このフィトケミカルは、老化を進行させる原因となるとされている活性酸素を取りのぞき、血液の流れをよくする作用があります。細かく分類すると約1500種類ほどに分けられ存在し、カテキンや大豆に含まれているフラノボイドなどのポリフェノールやカボチャに含まれているカロテン類などもその仲間にあたります。
また、アジやマイワシ、サバやマグロ、サンマやブリなどの青魚に多く含まれている脂肪には、EPAという血液中の中性脂肪酸を抑える血中脂質低下作用があるので、これも血流を改善動脈硬化血栓症を予防する効果が期待できます。

動脈硬化を予防改善するための効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「動脈硬化の予防」に関して含まれた栄養素の数を表しています。