がんを予防する効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
がん原因
癌

効能TOP < がん予防

がんを予防する
必要な栄養素と減量:《ビタミンA=β-カロテン》《ビタミンC》《ビタミンE》《食物繊維》《禁煙》《禁酒》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
日本人の死因のワースト1が、癌(がん)であり、発生の多い順番でいうと、①肺がん②胃がん③大腸がんとなっていますが、症状に関していえばそれぞれに特徴があるため異なることも多いです。がんの発生原因は、喫煙飲酒食生活の偏りなどさまざまで、どれも日常生活の習慣に関係しているもと言えます。
予防法としては、これらを断つ努力はもちろん必要ですが、日常から免疫力を高めるための栄養素の摂取を心がけることで、体内で毎日作られているがん細胞を消滅させることも可能と言えるでしょう。

【必要な栄養素を含んだ食べ物で予防・改善】
また食事をとる習慣として、大事な食べものの中で比較的に栄養素の含有量の多いものを挙げると、
★皮膚や粘膜を正常に保ち、免疫力を維持する働きのあるビタミンA(鶏・豚レバー、ウナギ蒲焼など)
★強い抗酸化力をもち、免役の白血球の力を高めるビタミンC(アセロラジュース、グァバ、柿、キウイ、ブロッコリーやカボチャなどの緑黄色野菜)
活性酸素を除去する抗酸化作用にすぐれ、過酸化脂質の生成を抑制するビタミンE(アーモンド、ニジマス、ウナギ蒲焼、西洋カボチャなど)
★脂肪や糖質の吸収抑制などを通じて、生活習慣病の予防や改善にも役立つ食物繊維(オートミール、大豆、おから、トウモロコシ、ヒジキ、切り干し大根など)を十分に摂ることが必要不可欠と言えるでしょう。

【がんを防ぐための12か条】
①たばこは吸わない ②他人のたばこの煙(受動喫煙)をできるだけ避ける ③お酒はほどほどに ④バランスのとれた食生活を ⑤塩辛い食品は控えめに ⑥野菜や果物は不足にならないように ⑦適度に運動 ⑧適切な体重維持 ⑨ウイルスや細菌の感染予防と治療 ⑩定期的ながん検診を ⑪身体の異常に気がついたら、すぐに受診を ⑫正しいがん情報でがんを知ることから

がん細胞の抑制効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「がんの予防」に関して含まれた栄養素の数を表しています。