眼精疲労を改善・予防する効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
目の疲れ
疲れ目

効能TOP < 眼精疲労

眼精疲労の予防・改善(目の健康)
必要な栄養素:《ビタミンA=β-カロテン》《ビタミンB1》《ビタミンB2》《ビタミンC》



【生活環境に合わせての心掛けが必要】
現代における人々は、パソコンやスマートフォン、テレビゲームの画面を長時間に渡って見ることが多いので、環境的に「目」を酷使してしまいがちです。それにより疲れ目が慢性的になってしまい、眼精疲労に悩む結果となります。
疲れ目を回復、改善するために目薬やアイマスクなどを使用しながらも目を休ませることが第一条件ですが、それにあわせて目に良い栄養素を摂ることで、さらにより良い効果が現われます。

【必要な栄養素を含んだ食べ物で予防・改善】
ここで言う最大のポイントとなるのが、十分なビタミンA(β-カロテン)を摂取、補給することです。光や色を感じる目の網膜に常に必要とするロドプシンという物質は、常に絶えず使用して破壊されては、また新たに生成されていきます。ここでロドプシンの生成の助けとして必要な栄養素ビタミンA(β-カロテン)を含む食べものや、その他の症状改善のための栄養素を含んだ食べものを紹介します。
目の疲れを感じたときには、ビタミンA(β-カロテン)が豊富に含まれている豚・鶏レバーやウナギ、銀ダラ、卵や緑黄色野菜などをどんどん積極的に食べることをおすすめします。
目の神経の疲れや目の筋肉の疲れを回復させるためには、ビタミンB1・B2を含んだもの、ビタミンB1(同じくウナギ蒲焼、豚のヒレやモモ、ロース、大豆類や玄米)・ビタミンB2(豚レバーやブリ、サンマ、納豆)が効果的で、さらに、目の充血などにはビタミンCを多く含む野菜や果物をとることをおすすめします。

目の健康・眼精疲労・目の充血の予防や改善する効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「眼精疲労の予防・改善」に関して含まれた栄養素の数を表しています。