貧血の予防や改善をする効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
急激なダイエット
ヘモグロビン

効能TOP < 貧血予防

貧血の予防と改善
必要な栄養素:統計で、70~80%が《鉄分》★ 20~30%が《ビタミンB2》《ビタミンB6》《ビタミンB12》《葉酸》



【従来と違う栄養素と食事量摂取の見直しが必要】
貧血の症状でいうと、全身倦怠感や動悸や息切れ、めまいや立ちくらみ、全身のだるさや食欲不振などが挙げられます。血液の赤血球に含まれているヘモグロビンが不足することで起こるもので、カラダ全体に酸素を送る役割をしています。
貧血の70~80%が、鉄分が欠乏することで起きるものだと言われています。他、残りの20~30%の原因のなかには、ビタミンB12や葉酸の不足によるものなどが挙げられています。貧血の原因として、偏った食事や急激なダイエットをすることがタンパク質や鉄分の摂取量の欠乏に結びつくと言えるでしょう。

【必要な栄養素を含んだ食べもので予防・改善】
鉄分の「鉄」は、酸素の運搬と貯蔵をするのに重要な存在であり、吸収された体内でほとんどが骨髄に運ばれたあとに赤血球の合成に使われる役割を果たし、それを何度も繰り返しに行なわれています。また鉄を摂取し過ぎたと思っても、必要な分量だけしか体内に吸収されないしくみになっているので、約1mg程度を摂れば問題ありません。
◎鉄分の含有量(吸収率の高い"ヘム鉄"):豚レバー串焼き1本で約3.9mg、鶏レバー串焼き1本で約2.7mg、まぐろ1切で約1.4mg、かつお1切で約1.3mgなどその他。
◎鉄分の含有量(吸収率の低い"非ヘム鉄"):ひじき小鉢で約2.8mg、小松菜1/3束で約2.2mg、納豆1パックで約1.7mg、ほうれん草1/3束で約1.6mgなどその他。
吸収率が低いとされる"非ヘム鉄"は、ビタミンCを含んだ果物と、また動物性脂肪の肉や魚などと同時に摂取することで吸収率を高めることができます。

貧血の予防や改善をするためにヘモグロビンを増やしていく効果が期待できるスーパーフードをご紹介します。


★の数は「貧血予防」に関して含まれた栄養素の数を表しています。