肝機能の保護と改善をする効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
肝機能障害
肝臓によい食べ物

効能TOP < 肝機能

肝機能の保護と改善
必要な栄養素:《ビタミンA》《ビタミンC》《ビタミンE》《ビタミンB群》《ミネラル》《良タンパク質》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
強い再生力をもっている重要な機能の臓器 "肝臓" は、栄養素の分解や合成、有害物質の解毒作用や酵素の生成など多くの役割を果たしております。この肝臓は、多少のダメージであれば自然に修復されるようになってますが、過度な飲酒不摂生な食生活を長く続けるようなことになると、次第に肝臓の機能として衰えだしてきてしまいます。肝機能低下の兆候として見られる中では、疲れやすい全身がだるいお酒に弱くなる白目が黄色くなる、肌荒れやシミができる、胸や肩などに赤い斑点が出る、手の親、小指の付け根が赤くなる、尿が茶色くなる、足のひざ下がむくむ、などが挙げられます。
まず肝臓に負担をかけないことで言えば、食べ過ぎないこと、過度な飲酒はもちろん、飲酒の習慣をおもちの方は控えることをおすすめします。

【必要な栄養素を含んだ食べ物で予防・改善】
また食事をとる習慣として、大事な食べものの中で比較的に栄養素の含有量の多いものを挙げると、
良タンパク質(豆腐や納豆、味噌、玄米、卵や乳製品、肉、魚介類など)
ビタミンA(鶏・豚レバー、ウナギ蒲焼など)
ビタミンC(アセロラジュース、グァバ、柿、キウイ、ブロッコリーやカボチャなどの緑黄色野菜)
ビタミンE(アーモンド、ニジマス、ウナギ蒲焼、西洋カボチャなど)
ビタミンB群/ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パトテン酸、ビオチン(豚肉、鶏肉、ウナギ、マグロ、カツオ、サンマ、カキ、玄米など)
ミネラル(牡蠣、うなぎ、レバー、野菜や果物、ナッツ類など)を十分に摂ることが必要不可欠と言えるでしょう。なぜなら、これらは肝臓の修復や保護するための酵素の元として重要な存在だからです。あとは、添加物の多い食品なども肝臓の負担になるので極力さけること、また食事の他に、薬の濫用や強いストレス負担の原因となりますので避けるよう心掛けましょう。

肝機能の保護や回復をさせる栄養素によって効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「肝機能の保護と改善」に関して含まれた栄養素の数を表しています。