高血圧を予防・改善する効果の働きとして有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
血圧下げる
高血圧食事

効能TOP < 高血圧予防

高血圧の予防、抑制する
必要な栄養素:《カリウム》《カルシウム》《マグネシウム》《食物繊維》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
一般的に言う血圧とは、血管壁にかかる血液の圧力のことです。高血圧の状態がいつまでも続くと血管がおとろえて動脈硬化を招き、さらにそれが悪化すれば脳内出血脳梗塞、また心筋梗塞狭心症の病気をひきおこす可能性が高くなります。
高血圧を招く原因のひとつとしては、遺伝性であることも考えられますが、多くは肥満や運動不足があげられ、野菜不足や塩分のとりすぎ、また酒やタバコの習慣などが考えられます。

【血圧を下げる主な食べ物】
これらを踏まえた上で、まずは摂取カロリーを抑えることが必要で、基本的には塩分を減らし、次に、コレステロールを増やしてしまう原因となることから動物性脂肪分を多く含む食品は極力避けるようにします。効果が期待できる食品は、卵、豆類、脂の多い魚、鶏肉、低脂肪乳、海藻、ナッツ類。主にナス、トマト、ニンジン、ほうれん草などの野菜。また主にブルーベリー、リンゴ、バナナ、アボカドなどの果物が挙げられます。成分で言えば、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維を含んだもの。各成分の比較的に栄養素の含有量の多いものをいくつか挙げてみると、
カリウム(干しダラ、刻み昆布、大豆、大和芋、アボカド、サツマ芋、インゲン豆、バナナなど)
カルシウム(干しエビ、ドジョウ、ナチュラルチーズ、牛乳、シシャモ、木綿豆腐、干しヒジキ、カブの葉など)
マグネシウム(ブラジルナッツ、そば、アーモンド、刻み昆布、落花生、大豆、野沢菜、干しヒジキなど)
食物繊維(オートミール、大豆、おから、トウモロコシ、干しヒジキ、切り干し大根、干しキクラゲ、ゴボウ、キウイ、オクラ、サツマ芋など)

高血圧の予防や抑制する効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「高血圧の抑制」に関して含まれた栄養素の数を表しています。