口内炎、口角炎の予防や改善をする効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
口内炎治し方
口内炎に効く食べ物

効能TOP < 口内炎予防

口内炎・口角炎の予防と改善
必要な栄養素:《ビタミンB2》《ビタミンB6》《ナイアシン》



【生活環境に合わせての心掛けが必要】
口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症のことで、多くは体調不良過労、またビタミン不足などから起こり、口の粘膜がえぐれてその中心は白くなりフチが赤くなって強い激痛がはしります。
次に口角炎は、唇の端に起こる炎症のことで、カサブタになりやすく、毎回口を開けすぎたたときなどに破れて治りにくくなることが多いです。
口内炎や口角炎は、ビタミンB群の中でも特にビタミンB2ビタミンB6や、ビタミンB群の仲間であるナイアシン(ビタミンB3とも言われる)が不足すると起こりやすくなります。ビタミンB2は水溶性であるため、体内に蓄えておくことができないので、できるだけ毎日の摂取が必要となってきます。

【必要な栄養素を含んだ食べ物で予防・改善】
それぞれの栄養素の含有量の多い順で5品目を並べてみると、
ビタミンB2(豚レバー、牛レバー、鶏レバー、ウナギ蒲焼、塩サバなど)
ビタミンB6(マグロ、カツオ、サンマ開き、シロサケ、牛レバーなど)
ナイアシン(マグロ、カツオ、ムロアジ、タラコ、マグロ刺身など)が挙げられます。
また、これにあわせて粘膜を健康に保つビタミンAβ-カロテン(緑黄色野菜、レバー、ウナギ)など。さらに、抵抗力を保つのに必要なビタミンC(新鮮野菜、新鮮果物)なども同時に摂ることもおすすめします。

口内炎・口角炎の予防や改善するために効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「口内炎・口角炎の予防」に関して含まれた栄養素の数を表しています。