ホルモンバランスの乱れによる、更年期障害症状の予防や改善をする効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
更年期障害
若年性更年期

効能TOP < 更年期障害

更年期障害の予防と改善
必要な栄養素:《イソフラボン》《カルシウム》《ビタミンB群》《ビタミンE》《ビタミンD》《ビタミンK》



【従来と違う栄養素と食事量摂取の見直しが必要】
女性は40代後半から50代前半にかけて閉経を迎え、徐々に卵巣機能が衰えることによりエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減り、ホルモンバランスが乱れてカラダにさまざまな症状が現われてきます。まずは基礎代謝が減り、さらには高血圧コレステロール値を抑制する作用も低くなっていくので、これまでの食事療法以上に気を使う必要があり、よりバランスのとれたビタミンやミネラルを規則正しく摂る心掛けが大事になります。
また近年では、生活習慣病などによる男性の更年期障害若年性更年期障害も起こることがよく聞かれます。これは男性の場合、多くは男性ホルモンの減少や過労、ストレスなどが原因ではないかと言われています。

【発症予防と改善】
女性の更年期の場合におすすめなのが、イソフラボンという成分が含まれている大豆類、その他(味噌・厚揚げなど)です。このイソフラボンを摂取するこで、女性にとって大事なホルモンであるエストロゲンの分泌が豊富になり、肌のハリツヤが出るなどの効果や、更年期から起こりやすくなる骨密度の急激な低下による骨粗しょう症の進行を止める作用、また自律神経を整える効果などの役割りを果たしてくれます。
大豆で言えば納豆1パック、豆腐は1/2丁ほどが目安なので過剰摂取は避けましょう。他にもイライラ不眠などの症状には、カルシウム、ビタミンB群を含む小魚血行促進に有効なビタミンEを含む野菜や種実類。整腸作用や便秘に有効な穀類、根菜、豆類、果実類、ヨーグルトなどです。

更年期障害を予防するためのアンチエイジング効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「更年期障害の予防」に関して含まれた栄養素の数を表しています。