免疫力をアップする効果の働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
免疫力低下
免疫力高める食べ物

効能TOP < 免疫力アップ

免疫力を高める
必要な栄養素:《アミノ酸》《EPA=α-リノレン酸》《乳酸菌》《ビタミンC》《ビタミンE》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
免疫力が低下するというのは、風邪ウィルスやその他のウィルスなど、外にある外敵からカラダを守ってくれる力(抵抗力)が弱くなってしまうことです。
免疫力が低下する原因としては、まず挙げられるのは、①朝食を抜いてること。②タンパク質がとれていない。③脂肪分を含む肉や魚をとれていない。④食事のバランスが悪い。⑤運動不足。などさまざまです。それにより、風邪インフエンザなどの感染症にかかりやすくなり、アレルギー体質の方向へと招いていってしまうのは言うまでもありません。

【免疫力を上げる成分を含んだ主な食べ物】
まずは食事の習慣を改善する必要があり、基本的に朝食をとっていない場合には朝食をとるようにし、十分なタンパク質の摂取を心がけるようにします。
免疫力を高めていくために重要な役割を担うのが、意外に肉類などではなく、EPAの成分を含んだ青魚の脂肪で、マグロトロサバブリイワシサンマがその代表的なものとして挙げられます。その他にも緑黄色野菜に含まれているビタミンCが、白血球の働きを活発化させて免疫力を高めてくれ、またこれを含む他に、ビタミンEが含まれているナッツ類アボカドは、抗酸化作用があるため、体内の機能低下を抑制してくれます。
これらの食材を、朝昼夕の各メニューと組み合わせ少しずつでも取り入れていくやり方の工夫がおすすめです。

免疫力を高める効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「免疫力を高める」に関して含まれた栄養素の数を表しています。