糖尿病を予防する(血糖値の抑制)働きに有効とされる、スーパーフード特集!

女性に人気のスーパーフード
糖尿病 食事
糖尿食事

効能TOP < 糖尿病

糖尿病の予防と血糖値の抑制
必要な栄養素と減量:《ビタミンB1》《ビタミンB2》《ナイアシン》《ビタミンB6》《ビタミンB12》《葉酸》《ミネラル→クロム》《糖質を減らす》《脂質を減らす》



【予防する前に生活習慣の見直しが必要】
一般的に通常は、食事をとると血糖値が上昇しますが、インスリンというホルモンが分泌されて低下していきます。
血糖値が高くなり高血糖状態が続く原因として統計的には、食べ過ぎや菓子類、ジュースなどの間食をしている人に多く見られ、この状態からさらにエスカレートすると糖尿病になり、高血糖状態が長く続くことで毛細血管が障害を起こし、腎臓や網膜などに合併症を起こすことになり兼ねません。

【血糖値を抑制する食べ物と正しい食べ方】
糖尿病を予防・改善するために血糖値の上昇を抑えるにはまず、大きな誘因となる肥満を避けることが重要で、食習慣のポイントとして言えば糖質や脂質の摂取のしかたと摂取量の制限です。糖質とは、食べものの炭水化物から食物繊維を除いたものです。食後の血糖値をいちばん上昇させるのは、タンパク質や脂肪でもなく、やはり糖質なのです。
食事を口にする順番としては、①野菜類 ②肉や魚 ③ご飯 というようにすれば糖質の吸収が遅くなるため、血糖値の上昇を軽減でき、さらに言えば、よく噛んでゆっくり食べることをおすすめします。このやり方だけでもダイエット法にもつながるでしょう。
ここで糖質の少ない食品の一例としては、大豆類、キノコ類、肉類、魚介類、海藻類、卵、チーズ、野菜類などが挙げられます。主な有効成分としては、ビタミンB群ミネラルです。これらの食品摂取をこころがけつつ、摂取順序を守れば血糖値の抑制が期待できます。

糖尿病の予防血糖値を抑制する効果が期待できる、栄養価が高い「手軽に摂れるスーパーフード」をご紹介します。


★の数は「糖尿病の予防」に関して含まれた栄養素の数を表しています。