小さな実の中に、最も栄養価の高い成分がギッシリたくさん詰まった「ゴジベリー」☆効能と食べ方

女性に人気のスーパーフード
クコの実

TOP < ゴジベリー

クコの実(ゴジベリー)
主な効能:《がん予防》《高血圧の抑制》《糖尿病の予防》《悪玉コレステロール抑制》《血行促進》《眼精疲労》《免疫力アップ》《疲労回復》《動脈硬化の抑制》《肝機能の保護と改善》《脳梗塞・心筋梗塞の予防》《ダイエット効果》《肌荒れシミ予防》《アンチエイジング》《新陳代謝》《更年期障害の予防》《認知症予防》《自律神経を調節》《口内炎の予防》



アジアの人々の健康を支えてきた万能フルーツ


中国をはじめ、アジアでは古くから「最も栄養価の高い食品」として親しまれてきました。現在はクコの実やウルフベリーとも呼ばれて世界中の人気を博しています。中国の寧夏(ニンシャー)自治区にある豊潤な土地で育った完熟した小さな赤い実を夏の間に手摘みで収穫し、栄養素を残したままじっくり低温乾燥しています。日本でも山野の水辺などに自生し、秋になると赤い楕円形の実をつけます。

  • 手軽にバランスのよい栄養素を

    豊富なミネラルを含む20種類もの栄養素


    近年では欧米でもその栄養価が注目され、人気のスーパーフードとなっています。
    中医学、薬膳では滋養強壮精力回復などに有効とされ、中国では日常的な食材としてもよく使われています。
    クコの小さな実の中には、炭水化物、タンパク質、脂質、水溶性の食物繊維、アミノ酸やβ-カロテン、ビタミン類、鉄や亜鉛・リンのほか、20種の希少ミネラルなど多様な栄養素を含んでいます。
    特にビタミンがバランスよく含まれているため単体でも吸収がよく、その分効果も期待でき、具体的に言えば、血圧や血糖値の低下、血行促進眼精疲労の回復、さらに免疫力アップ動脈硬化予防肝臓の保護アイチエイジング美肌づくりなど、多くの効能が期待できます。
    それにより、更年期障害、若年性更年期障害の予防にもつながっていくでしょう。

  • クコの実の食べ方


    《 ゴジベリーの手軽なお召し上がり方 》
    ★グランベリーやチェリーのような風味があり、程よい噛みごたえもあるので、そのまま召し上がったり、ミックスナッツなどに混ぜて手軽に召し上がれます。中華料理ではスープやお粥、炒めものに使うように幅広い調理に使用できます。

    ★スーパーフードの基本!ゴジベリー(クコの実)の美味しい食べ方
    《 ゴジベリー(クコの実)ボウル 》
    ●材料 ◎ゴジベリー・・・大さじ2 ◎プレーンヨーグルト・・・50g ◎蜂蜜・・・適量 ◎グラノーラ・・・お好みの量 ◎果物・・・お好みの量
    ●作り方
    ❶ヨーグルトにゴジベリーパウダーを混ぜながら少しずつ加えます。 ❷器の片側にグラノーラを敷きます。 ❸反対側に①を入れます。 ❹お好みのフルーツを食べやすい大きさにカットして盛り付けます。

    おすすめの食べ方
  • 豊富なミネラルを含む20種類もの栄養素


    近年では欧米でもその栄養価が注目され、人気のスーパーフードとなっています。
    中医学、薬膳では滋養強壮精力回復などに有効とされ、中国では日常的な食材としてもよく使われています。

    クコの小さな実の中には、炭水化物、タンパク質、脂質、水溶性の食物繊維、アミノ酸やβ-カロテン、ビタミン類、鉄や亜鉛・リンのほか、20種の希少ミネラルなど多様な栄養素を含んでいます。
    特にビタミンがバランスよく含まれているため単体でも吸収がよく、その分効果も期待でき、具体的に言えば、血圧や血糖値の低下、血行促進眼精疲労の回復、さらに免疫力アップ動脈硬化予防肝臓の保護アイチエイジング美肌づくりなど、多くの効能が期待できます。
    それにより、更年期障害、若年性更年期障害の予防にもつながっていくでしょう。

  • クコの実の食べ方


    《 ゴジベリーの手軽なお召し上がり方 》
    ★グランベリーやチェリーのような風味があり、程よい噛みごたえもあるので、そのまま召し上がったり、ミックスナッツなどに混ぜて手軽に召し上がれます。中華料理ではスープやお粥、炒めものに使うように幅広い調理に使用できます。

    ★スーパーフードの基本!ゴジベリー(クコの実)の美味しい食べ方
    《 ゴジベリー(クコの実)ボウル 》
    ●材料
    ◎ゴジベリー・・・大さじ2
    ◎プレーンヨーグルト・・・50g
    ◎蜂蜜・・・適量
    ◎グラノーラ・・・お好みの量
    ◎果物・・・お好みの量
    ●作り方
    ❶ヨーグルトにゴジベリーパウダーを混ぜながら少しずつ加えます。
    ❷器の片側にグラノーラを敷きます。
    ❸反対側に①を入れます。
    ❹お好みのフルーツを食べやすい大きさにカットして盛り付けます。